丁寧な治療で好評

歯医者

大阪府堺市には、人工歯根による歯の治療法であるインプラントを行なっている歯科医が多く、関西地域で人気です。歯を失った後の治療法として注目されているインプラントの利用者は、四十代以上を中心に増えています。また、これまでは入れ歯やブリッジを使用していた六十代以上の人が、人工歯根に変更するというケースも見られます。直接的に人工歯根の埋め込みをする手術を行いますが、麻酔を使用するため安心して治療出来ます。インプラントにするメリットとしては、取り外しをしなくても済むため食事や歯磨きがしやすい点です。発音にも影響を与えないことから、日常の会話を楽しみたい方からも好評となっています。埋め込みを一度行った人工歯根は定期的に通院すれば、長期間に渡って使用することが可能です。手術を行うまでの間に、カウンセリングや検査などを綿密に行うためサイズの合う人工歯根を作ることが出来ます。インプラント治療を専門的に行っている歯科も堺市にはあるので、手術の分からない箇所も相談しやすいでしょう。平日は仕事で忙しいという人でも土曜日や日曜日に通院出来る歯科にすれば、会社を休むことなく治療が出来ます。自費治療が基本ですが、デンタルローンが組めるところがほとんどのため、治療にかかる費用を計画的に支払うことが可能です。歯周病などがある場合は、先に治療を終えてから人工歯根を埋めることになります。

スケジュールに余裕を持つ

インプラント

普通の虫歯の治療とは異なり、細かいカウンセリングや検査を経てから治療を開始するのがインプラントです。これは、一度人工歯根を埋めるとその後はほとんどその人工歯根を使用することになるため、時間をかけて行う必要があるからです。堺市の歯科では五ヶ月前後かけて治療を行うところが多く、半年ほどスケジュール調整が必要になります。完治するまでのスケジュールをきちんとカウンセリング時に組んで、休みの日を調整しながら余裕を持って手術を行うことが大切です。体調が万全の時に行うように歯科医師とよく相談をして、埋め込みを行う日を決めると良いでしょう。

手術後のケアもしっかりと行う

歯科イメージ

一度、人工歯根を埋め込んでしまえば後は普通の歯と同じように生活出来るインプラントですが、定期的に歯科に通院してケアを行うことが重要になります。アフターケアがしっかりしていることでも好評の堺市の歯科なら、歯茎や人工歯根の状態をチェックしやすいでしょう。埋め込みを行うという特徴から、歯や骨が成長しきった年齢に達してからインプラントを行うことになります。十八歳前後の場合は歯科医師が口内の環境をみて、インプラントが出来るか判断してくれるため安心です。

名古屋で矯正歯科